【Amazon】FBA長期在庫保管手数料の確認方法

スポンサーリンク

 

どうも!

rikiです!

 

 

AmazonのFBAを利用している人はもう

すぐ長期在庫保管手数料が発生します。

 

 

これ、結構な費用が発生しますので今回は、

FBA長期在庫保管手数料の確認方法を解説

します。

 

 

FBA長期在庫保管手数料について

長期在庫保管手数料は、限りあるAmazonフルフィルメントセンター(以下、FC)のスペースを有効活用するために、特定の在庫に対して課金するプログラムです。毎年2月15日と8月15日に在庫一掃チェックを実施し、在庫一掃チェック実施日にFCでの保管期間が6か月以上に該当する在庫は、1000立方センチメートル(10cm x 10cm x 10cm)あたりで請求される長期在庫保管手数料の対象となります。

Amazon参照

 

FBAに納品してから180日以上経過した

商品は、長期保管料を取りますよー。

 

 

って、事ですね。

 

 

以前は年に1度だったのですが、いつからか

忘れましたが、半年1度に変更となりました。

 

 

どれくらいの費用が掛かるの?

FCに6か月以上12か月未満保管されている商品  :87.4285円

(10cm x 10cm x 10cmあたり)


FCに12か月以上保管されている商品       :174.857円

(10cm x 10cm x 10cmあたり)

 

 

どれくらいの請求金額かと言いますと

 

長期在庫保管手数料

商品 寸法(cm)

1ユニット

2ユニット

10ユニット

25 x 18 x 2

0円

157円

1,416円

単行本 19 x 12.5 x 2

0円

83円

748円

CD 15 x 13 x 1.4

0円

48円

430円

 

商品単体で費用が発生する訳ではなく大き

さによって、費用が異なってきます。

 

 

本10冊だと、1416円程掛かってくる計算となります。

 

 

これがもっと大きな商品になると、費用

は、高額になるので注意が必要です。

 

 

FBA長期在庫保管手数料の確認方法

 

自分がFBA長期在庫保管手数料の課金対象

かを確認する方法をこれから説明します。

 

 

まず、セラーセントラルにログインします。

[在庫] から [在庫健全化ツール] をクリック。

余剰在庫の管理をクリック。

 

 

この画面でFBAに長期保管されている在庫

一覧が確認できますので、必要な対策を取って

ください。

 

長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄を設定

 

うっかり忘れてFBA長期在庫保管手数料の

課金をされても取り返すことはできません。

 

 

そうならないためにも事前に設定しておくと良いです。

 

 

長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄を設定方法

  1. セラーセントラルログイン後、設定メニューで、FBAの設定をクリック。
  2. フルフィルメント by Amazonの設定ページで、長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄の設定編集をクリック。
  3. 長期保管在庫の自動返送/所有権の放棄の設定ページで、次のいずれかを選択:
    • 長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて廃棄
    • 長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて返送
    • 返送、または廃棄する在庫のしきい値となる価格を設定

長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて廃棄を選択した場合:

  1. Eメールアドレステキストボックスに、希望するEメールアドレスを入力。
  2. 更新をクリック。

長期在庫保管手数料の対象となる在庫をすべて返送を選択した場合:

  1. Eメールアドレステキストボックスに、希望するEメールアドレスを入力。
  2. 返送先住所セクションに、希望する返送先住所を入力。
  3. 更新をクリック。

 

当たり前ですが、破棄で設定すると捨てられ

ますので、そこだけご注意ください。

 

 

メルカリだと以外にあっさり売れたりも

しますので、一旦戻して他の販路で売却も

視野に入れてみましょう!!

 

 

LINE@でせどり教材をプレゼント!

 

LINE@登録でせどり教材をプレゼントしています!

https://goo.gl/VSEdpn

2000名以上の方が登録しています♪

 

LINE ID検索から友達追加する場合は
こちらのIDで検索してください!

@lwi3342r

 

 

 

LINE@登録でせど教材をプレゼント! スポンサーリンク