最短で成果を出せる転売講座!

アマゾンの納品先が6月1日より変わります

こんにちは、rikiです。

 

 

 

先日、アマゾンからこんなメールが届きました。

重要:フルフィルメント by Amazon】 6月1日より納品先FCが変更になります。

現在、納品元住所の最寄りのFCが納品先として指定されておりますが、2015年6月1日より、購入者の需要分布と各FCの在庫のバランスにより最適な納品先FCが指定されるようになります。

小型・大型サイズの商品は、納品先FCが毎回変わりますのでご注意ください

この変更により、出品者様のFBA商品が首都圏・関西圏・名古屋圏・北九州圏で当日お急ぎ便に対応できるようになり、Amazon直販部門と同等のスピードでお客様に商品をお届けできるようになります。

 

 

 

2015年5月31日まで

※FC=Amazonフルフィルメントセンターの略です。

2015年6月1日以降

購入者の需要分布と各フルフィルメントセンターの在庫のバランスなどの要因をもとに、以下の中からAmazonが最適と考える納品先フルフィルメントセンターが指定されます。納品手続きの都度、商材、サイズごとにいずれかのフルフィルメントセンター 1か所が納品先として指定されますのでご注意ください。


※メディア商品もファッション以外の商材と同じ納品先FCとなります。川越FC・鳥栖FC・多治見FCは小型・標準商品と大型商品のいずれも納品可能なFCのため、これらのFCについては小型・標準商品と大型商品で同じ納品先FCとなる可能性がありますが、これらのFC以外は小型・標準商品と大型商品で納品先FCが異なりますのでご注意ください。

 

 

 

僕は、大阪に住んでおりますので納品先は、小型、標準は堺、大型は大東、そしてメディアは小田原と決まってました。

 

 

 

それが6月1日からは毎回別の場所に納品することになるんですね。

 

 

 

今まで大阪⇒大阪に納品してましたが、納品先が遠方になると配送料も割高になりますし、この変更によって多少カート取得にも影響が出るかもですが、今のところそれほど良い影響はないでしょう。

 

 

 

逆に住んでいる地域によっては、一度の納品手続きで小型・標準商品と大型商品を一緒に納品することもできるのでこの場合メリット大ですよね!

 

 

 

アマゾンというプラットフォームで販売している訳なので、今回のようなルール変更は、度々あります。

 

 

 

並行輸入品の取り扱いが厳しくなっているのも一緒で、じゃあどうするか考えて柔軟な対応をしていきたいです。

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓