最短で成果を出せる転売講座!

Amazon輸入・リサーチ時の利益率について

こんにちは、rikiです。

 

 

 

今日は輸入ビジネスの利益率について簡単にですが、僕がどんな感じで考えているのか書いていきたいと思います。

 

 

 

以前からこのブログでも書いている通り、輸入している仕入れ先の99%はAmazon.comです。

 

 

 

残りの1%は、今月からネットショップで仕入れましたのでそうしました(笑)国内仕入れもやっていますが、今回は省いてます。

 

 

 

それで、輸入ビジネス始めたほとんどの人がAmazon.comから仕入れていると思いますが、利益率に苦労している人も多いと思います。

 

 

 

多分Amazon⇒Amazonでそこまで悪い数字ではないと思いますが、僕も利益率はずっと苦労してて現状で15%です。

 

 

 

目標が20%なので今の状況では少し厳しいかなという思いもあって仕入れ先の開拓を今月から行っている感じですね。

 

 

 

その話は次回にするとしまして、リサーチ時は利益があったのに気づいたら赤字になってたり、参入者が一気に増えて思うように売れないとか、Amazon⇒Amazonではよくある事ですがこれは差別化が出来ていないからです。

 

 

 

と言うより差別化の仕様があまりないです。新規出品登録したりセット売りしたりなど限られてきますがこの辺は有効だと思いますが、僕はやっていません。

 

 

 

では、どうやって利益をしっかり残しているのかと言うと「リサーチ時の基準を上げておく。」これだけです。

 

 

 

例えば利益率を15%得たいのであれば、リサーチ時に利益率15%あるから仕入れよう!ではダメです。

 

 

 

Amazonでの販売経験があれば理解していると思いますが、基本的に売値は下がるほうが多いので、それらを見越した仕入れが必要になります。

 

 

 

この場合、リサーチ時の基準は利益率5%を上げるべきです。

 

 

 

ただ、絶対に利益率20%以上でないと仕入れてはダメと言う訳ではありませんが、その前後で仕入れていくと着地は、利益率15%に落ちついてきます。

 

 

 

初めからこの基準で仕入れていくのも大変ですが、目的は利益を残すことなので徐々にでも基準は上げるべきだと思います。

 

 

 

現状の利益率が10%前後で伸び悩んでいる人や、始めて間もないけどある程度販売経験を積んでいる人は、基準を少し上げてみて利益率の改善に取り組んでみて下さい!

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓