最短で成果を出せる転売講座!

フェデックスとDHLで税関で止まりやすいのは?

こんにちは、rikiです。

 

 

 

早いもので来月で輸入ビジネスを始めて1年半になりますが、リアルにこれまで大きなトラブルがありません(笑)荷物が壊れていたとか、税関で荷物が止まったとかそういうレベルのトラブルが少しあるくらいです。

 

 

 

それはそれで良いのですが、トラブルは無いに越したことはありません。事前に調べておく事である程度は抑えることもできると思うので、今回は輸送時に税関で止まりやすい航空輸送会社はどっちか個人的に1年半やってきて実際に経験した事例で話したいと思います。

 

 

 

まず、結論から言うとフェデックスが税関で止まりやすいです。

 

 

 

細かい理由は僕には知りませんが、これはダントツでフェデックスです。ただ、先に言っておきますが、輸入するにあたって法律に触れる商品(食品衛生法や薬事法)を輸入した際に止まりやすのがフェデックスという事で、規制のない商品は問題なく輸入できますので‥。

 

 

 

食品衛生法や薬事法に触れる商品は要注意です。特に同一商品を複数個仕入れた場合は止まる可能性が高くなります。

 

 

 

例えばミキサー(食品衛生法該当商品)を仕入れた場合で税関で止まった経験がある人は分かると思いますが、結構面倒です。

 

 

 

税関から電話が掛かってきて輸入目的を聞かれ販売目的であれば必要な手続きを取るように指示があるので、それに従う形ですが相当時間が掛かります。

 

 

 

運よく自己使用扱いでスルーしてくれるケースもありますが、何回も同じようにはいきませんので次回から注意が必要です。

 

 

 

そうなると、次回からフェデックスを使いにくくなると思いますが、MYUS経由からの発想だとフェデックスエコノミーが安いので、それも捨てがたいですね。

 

 

 

まぁ法律に触れるような商品は、最近Amazonでも厳しくなってきているのできちんとした手続きを踏んで販売するのが望ましいです。とは言っても、僕も全部の商品を正当に輸入している訳ではないので偉そうに言えませんが‥。

 

 

 

という訳で税関で止まりやすいのはフェデックスという事で終わりにしますが、だからと言ってDHLでグレーな商品を輸入しても言い訳ではありません(笑)

 

 

 

あくまでも参考程度にして下さい。またこの内容は僕個人の感想なので絶対にそうとは限りませんのでそちらもご理解下さい。

 

 

 

という訳で今日は以上です!

 

 

 

 

MyUSの送料が30%割引になる年会費無料のAMEXはこちら↓↓



 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓