最短で成果を出せる転売講座!

輸入ビジネスで単価が低い商品を扱う場合

こんにちは、rikiです。

 

 

 

せどりや輸入ビジネスで低単価商品とは・・・僕の中では1,500円以下の商品が低単価商品だと位置づけておりますが、こういった商品って基本的に薄利多売になるので、避けている人も多いと思います。

 

 

 

実際に僕自身も、あまり儲からないと思って低単価商品はリサーチしていませんでした。

 

 

 

ただですねー考え方次第で、これが結構儲かったりする場合があるんです。

 

 

 

特に、売価1,000円を切るような商品でしたら見込みありです。

 

 

 

具体的にどうするかと言いますと、ほとんどの実践者はfbaを利用して販売することを前提でリサーチします。

 

 

 

なので、1000円前後の商品って手数料などを含めるとほとんど利益が残らないので、そもそもリサーチ対象から外れてしまうんですよ。

 

 

 

例えば、これを自己発送にすると、どうでしょうか?

 

 

 

販売手数料のみになるので、パソコン・周辺機器のカテゴリーにだと8%のみになります。

 

 

 

1,000円で売れば、80円の手数料でオッケーで軽くて小さければ、定形外120円で発送できますね。

 

 

 

という事は、自己発送でしたら200円の費用でいけます。

 

 

 

fbaで同じ1,000円で販売すると、Amazonの手数料で324円、倉庫までの送料が約100円だとすると、424円の費用になります。

 

 

 

約200円程の開きが出ますが、この差が利益に繋がります。

 

 

 

単価が低いので1個2個売るだけじゃ物足りませんが、めっちゃ売れる商品で価格差が取れるようでしたら自己発送も考えてみてください。

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓