メルマガ登録で過去に4980円で販売していた教材をプレゼント!

商品仕入れから販売までの一連の流れ

amazon

こんにちは、rikiです。

 

 

前回の記事でどこから仕入れるのかについては説明しましたが、まずは全体像を把握して頂かないとイ輸入ビジネスについてイメージしにくいと思います。
そこで今回は、商品仕入れから販売までの一連の流れについて解説していきたいと思います。

 

 

まず、この輸入ビジネスは全ての工程をほぼパソコン1台で完結する事が可能になります。

 

 

他の「せどり」などでは、商品を仕入れる際に店舗に足を運んで仕入れてきた商品を発送してと必ずそのような作業工程が伴いますが、輸入ビジネスに関してはパソコン1台でやる事も可能になります。

 

 

まず、全体像として

①アメリカのネットサイト(Amazon、ebay、ネットショップ等)から日本で利益の出そうな商品を探す。

この時ですが、購入した商品を1個づつ日本に送ってもらうと国際送料がかなりの額が掛かるのである程度の種類をまとめて購入します。

 

 

②購入した商品をアメリカ転送業者、MYUSに送ってもらう。

アメリカで購入した商品がどんどんMYUSに届きます。

 

 

③日本の自宅に発送してもらう。

アメリカで購入した商品がMYUSに到着すれば日本の自宅に発送してもらいます。

 

 

④届いた商品をAmazonの倉庫に納品する。

この輸入ビジネスでは、AmazonのFBAサービス(フルフィルメント by Amazonの略)を利用します。

 

 

⑤売れたらAmazonからお客様の元に発送される。

通常のネット販売で必要な梱包、発送がFBAサービスのお蔭で不要になります。

 

 

⑥売り上げが上がる!

2週間に1度、指定された銀行に売り上げが入金されます。

 

 

大きく分けると、上記のような流れになりまして、なんだか転送業者やらFBAやら聞きなれないかもしれませんがここで全ての事は理解しようとせず、今日までに何となくイメージ出来れば全く問題ありません!

 

 

次回から、細分化して説明していきたいと思います。

 

 

MyUSの送料が30%割引になる年会費無料のAMEXはこちら↓↓


 

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓