メルマガ登録で過去に4980円で販売していた教材をプレゼント!

アメリカのネットサイトから利益の出そうな商品を探す

こんばんは!rikiです。

前回の記事で欧米輸入について大まかな流れは説明しましたので今回は、輸入ビジネスで最も重要なリサーチについて書いていきたいと思います。

まず、基本的には日本で売れていて価格差(利益)がある商品を探していきます。

日本のAmazonで売れている商品を探す→アメリカAmazon、他サイトで同一商品で利益が取れるか探す→購入

簡単に言うとこのような感じでどんどん探していきますが、具体的にどのようにリサーチしていくか書いていきます。

まず、日本のAmazonのサイトを開いてください。そして検索欄に並行輸入と打ち込んでみてください。

並行輸入と検索する事でこれから仕入れようとしている商品だけに絞り込まれます。(ちなみに並行輸入品として今後販売するといことだけ覚えておいて下さい。)

すると、174万件もの商品が検索されましたがこの膨大な商品数から見ても必ず利益の取れる商品は存在するというのが想像できるかと思います。

始めはどんな商品が海外製なのか慣れる為にも上から順番に見ていくのが良いと思います。

今回は、一番トップにあったWithings 多機能体重計 WS-50 Smart Body Analyzer 【並行輸入】の商品を調べてみたいと思います。

今日現在で日本での販売価格は215,00円です。この商品をアメリカのAmazonで調べいきます。

その場合、商品名で検索する場合とAmazonの管理タグであるASINコードと言われる英数字のどちらかで調べますがASINコードとはAmazonが商品を取り扱う為に識別する10けたの番号です。

ASINコードが、どこの国のAmazonで調べて一致した場合は同一商品という事になります。

ASINコード

先ほどの商品でBから始まる10桁の数字ををコピーしてアメリカAmazonの検索欄に張り付けて検索してみてください。

すると同じ商品が出てきたと思いますが、今回は、ASINコードが一致したのでスムーズに商品検索できましたが中には一致しない場合もあります。

仮にこの商品で一致しないと例えて商品名で検索する場合は、日本語を取り除いてWithings WS-50 Smart Body Analyzer で検索するとUSAmazonでも同じ商品が出てきます。

そして価格は約150㌦になっていると思いますが1ドル105円として価格差で5,750円ある事が分かります。

このように、同じ商品でも国をまたぐことによって価格差が発生する事が分かったかと思います。

次にこの商品が本当に売れるのか調べる必要がありますが、その際に必要になるリサーチツールがプライスチェックです。

プライスチェックは過去の売れたデータや出品者の増減など見れるツールで基本的にそれらを参考にして仕入判断を行っていきます。

プライスチェックの検索欄に先ほどのASINコードを打ち込むとランキング変動グラフが出てきたと思います。

折れ線グラフになっているのが分かると思いますが、このグラフで上がった時が売れた時になります。

8月~9月は4回上昇しているので4回売れているという事で、これらの売れ行きや価格差、他出品者の数などを考慮して仕入れ判断を行います。

今回は、分かりやすいように先に価格差を確認してから売れ行きを確認しましたが、いくら価格差があっても売れていなければ意味がないので、順番としては売れ行きを確認してから価格差を確認していきます。

ここまでで、流れをまとめると

日本のAmazonで並行輸入と検索する→気になる商品を探す→その商品の売れ行きをプライスチェックで確認する→売れているのが確認できたらアメリカでも探してみる(この時に売れ行きが悪い場合はスルーして次の商品を探す)

あくまでも基本の流れになりますので、この流れでサクサク売れていて価格差がある商品が見つかるという訳ではありませんが慣れて頂く為にも日米のAmazonを往復してみてください。

次回は、仕入れ判断などについて書いていきたいと思います。

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓