最短で成果を出せる転売講座!

仕入れた商品を転送業者に送って送料を抑える

 

こんにちは。rikiです。

今回は海外のAmazonやネットショップから購入した商品を転送会社「MYUS」に送って送料を抑える方法について書いていきます。

方法と言いましたが、ほとんどの実践者がどこかの転送会社を使って行っているので主流なやり方です。

まず、転送会社とは海外から日本へ商品の発送を代行してくれるサービスの事で料金もそこそこ安くお手軽に使えます。また日本へ発送していない商品も転送サービスを使えば日本へ発送できたりしますので輸入販売を行う上では、必須とも言えます。

有名どころは、「MYUS」や「スピアネット」、「輸入com」と言ったところでしょうか。

ここでは、それぞれの業者の登録方法は省略させて頂きますが、MYUSに限っては全て英語でのやり取りになりますので次回に登録作業の説明をしたいと思います。その他の転送業者は日本語対応していますので、登録も簡単かと思います。

今回は、「MYUS」を使う前提で書いていきたいと思いますが、恐らく現状では転送料金が1番安い業者と言えるかと思います。

輸入ビジネスでは、様々なコストが掛かってきますのでいかにそのコストを抑えてライバルに差をつけるかが重要になってきます。

その中で、転送料金は非常に重要と言えますので英語だからやり取りが大変だし使うのはやめとこうとせず、是非検討してください。

先ほども言いました通りここの利点は、とにかく転送料が安いことです。ただ、アメリカ人が運営していることもあり、商品の扱いはかなり雑です。

外箱がボコボコで届いたり、ガラス製の商品が割れていたり等々‥

さすがに、これだと新品で販売できないので中古で売りましたが、欠点としては英語でのやり取りと、扱いが雑と言ったところです。

ただ、それらを考慮しても圧倒的な安さなので現状として僕自身は、MYUSを使っていくつもりです。

そして、ポイントはクレジットカードの登録はアメリカンエキスプレスを必ず選択してください。これは必須です。

理由は毎回の転送料が30%引きになるからですが、他のカードであればVISAで20%引き、JCBで10%引きの割引が受けれますが、それぞれ10%も変わってきます。

ちょっと考えてみてください。毎回の転送料で10%、20%変わるという事は、半年や1年トータルで見るとかなりの額が変わってくることは容易に想像できるかと思います。

↓↓下記の画像から割引登録ができます↓↓

それぞれの転送業者にメリット・デメリットがあり合うかどうかは人それぞれ、という部分もありますが個人的には英語のやり取りや外国人とのやり取りも慣れれば問題ないというのが結論なのでお勧めはMYUSです。
ただこればっかりは試してみないと分かりませんので、ご自身に合った転送業者を利用するのが、ストレスなく続けられると思いますのでいくつか試すのもありなので、是非とも上手く付き合いっていけそうな転送業者を見つけてください!

 

 

MyUSの送料が30%割引になる年会費無料のAMEXはこちら↓↓


 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓