最短で成果を出せる転売講座!

輸入ビジネスで海外Amazonへの返送方法

こんにちは!rikiです。

 

 

 

輸入ビジネスで仕入れた商品に不良があった場合どうしていますか?

 

 

 

ヤフオクでジャンク品で販売する。

 

セラーに事情を説明して一部返金を求める。

 

返品する。

 

 

 

こんな感じで色々と対応方法はある訳ですが、一番やってはいけない事は「そのまま放置」することです。

 

 

 

確かにどの対応をとっても面倒ですが、これをやるとお金を捨てるようなものですからね。

 

 

 

そこで、今回はAmazon.comで購入した商品を海外に返品する方法について説明していきます。

 

 

 

転送経由(myusなど)で購入した場合と直送で購入した場合とで対応方法は異なりますが、基本的には同じ流れです。

 

 

 

まず、返品したい商品を注文履歴から選択します。

 

 

 

次にRefund on replace itemusを選択。

 

 

 

返品理由を選択して、コメントを入力。

 

 

How can we resolve it?と書かれたページになると思いますが、ここは返金方法になります。左がギフトカードにて返金、右がクレジットカードにて返金。

 

 

どちらか選択して次に。

 

 

 

すると、返送する際の送料などの説明があります。問題なけらばsubmitを選択。

 

amazon-com-online-return-center

 

 

 

これで、返品処理は受付されましたので次のページでPrint return labelを選択して返送ラベルを印刷します。

 

amazon-com-online-return-center

 

 

あとは、返送する商品と一緒に張り付けて返送すれば完了です。

 

 

 

僕は、物が小さければ日本郵便のSAL便を使って返送しています。

SAL便の詳細⇒https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html

 

 

 

実際に返送した時の送料がこれです。

 

FullSizeRender

 

 

 

海外に送る送料ですよ!めっちゃ安いでしょ!!

 

 

 

返送料が15ドルなので、ちょっと儲かってますね。

 

 

 

到着まで時間が掛かかるのと、追跡なしというのが少し不安ですが、今のところトラブルもないので小さい商品を返送する際はお勧めですよ!

 

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

button_02y

 

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓