最短で成果を出せる転売講座!

月商100万円は凄くない、月商と月利の違い

こんにちは、rikiです。

 

 

前回までの記事でいくつかに分けて輸入ビジネスで必要な経費について書いていきましたが、商品を仕入れるという工程の中に、国際送料や関税、消費税、国内納品費用など様々な費用が発生するということが分かってもらえたと思います。

 

 

そこで、今回は月商と月利の違いについて僕なりの見解で書いていきたいと思います。まず、月商○○万円は凄くないという事です。

 

 

例えば100万売るのに100万使ったら、利益としては0円ですよね?もちろん残った在庫は資産在庫として販売機会はあるのでそれらを利益と見なすことはできますが、キャッシュフロー上どうなのでしょうか。

 

 

よくセールスレターなんかで目にするのが、「月350万稼いだ~がついに公開!」みたいなのはだいたいが売り上げの事だと思います。

 

 

欧米輸入やっていると利益率なんかは10%~20%の間がほとんどではないかと思います。僕自身13%~16%で回しています。というより小売仕入れだと20%超えは相当凄いと思います。

 

 

100万売り上げて月/10万~20万の利益となりますが、ネットビジネスで月10万~20万稼ぐって凄くない?って思うかと思いますが、この利益も全部を収入として使えるという訳ではないんです‥

 

 

これが、在庫ビジネスの難しいところなんですよね。実際になにを利益とするか。

 

 

ほとんどの方が売値から仕入れ値を差し引いた金額を利益として見ていると思いますが、それだと利益は出てるが手元に残るお金が増えないなんてこともよくあると思います。

 

 

いろいろ悩んだ結果、在庫は増えていくのでそのまま売り上げも右肩上がりで上がっていけば問題ないのかもしれませんが、適正な在庫で運営しキャッシュフローを意識することが大切ですね。

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓