最短で成果を出せる転売講座!

関税、消費税のクレジットカード払い

こんにちは、rikiです。

 

前回の記事では、輸入した際に関税、消費税が一体どの位掛かってくるのかについて書いていきましたが、まだご覧になっていない方はよかったら見てみて下さい。

 

輸入ビジネスの関税、消費税について

 

購入した金額の約9%~10%が関税、消費税のおおよその金額です。とお伝えしましたが、あくまでも僕、個人の経験上でのお話でしたので、全くその通りになるとは限りません。

 

なぜかと言いますと輸入する商品によって関税率が違う為でして、関税率の高い革製品のバックを専門に輸入するとなるとまた変わってきます。詳しくは、下記に記載しています。

 

実行関税率表(2014年4月版)

 

さて、前置きはここまでとして今回の記事では関税、消費税をクレジットカードで支払う方法について書いていきたいと思いますが、果たして方法と言えるのかどうかはさて置きまだ輸入した事がない方もいらっしゃると思いますので説明したいと思います。

 

 

扱う金額が大きくなればなるほど、それに比例して関税や消費税も高くなりますが、それを毎回現金でとなるとキャッシュフローやクレジットカードのポイント的にもあまりよろしくないと思います。

 

 

そこで、関税や消費税もクレジットカードで支払う方法ですが、例えばMYUSからDHLで発送した場合、MYUSのマイアカウント画面→Historyの画面真ん中 「Description or AWB# / Weight」 内の数字10桁から12桁が荷物の追跡番号になります。

 

この追跡番号をDHLに電話で伝える必要がありますが、その際に支払いたいクレジットカードのクレジット番号が聞かれますので事前に準備しておいて下さい。

 

 

DHLフリーダイヤル→0120-39-2580 自動音声が流れるので4を選択する

関税、消費税をクレジットカードで支払いたいと伝える。

荷物の追跡番号を聞かれるので先ほどの追跡番号を伝える。

クレジットカード番号を伝える。

 

 

FedExでも基本的なやり取りはDHLと同じなのですが、 FedExは関税、消費税を支払わないと荷物が止まったままになるので早めに支払ったほうがいいです。という訳で以下に電話番号を載せておきますので参考にしてみて下さい。

 

FedExフリーダイヤル→0120-003200

フリーダイヤルをご利用になれない場合:→043-298-1919

 

 

 

 

 

追記、

僕が実際に使っているお勧めのクレジットカードを下記にリンク先を表示しておりますので合わせて見て頂ければと思います!

 

 

 

クレジットカード特集!

 

 

MyUSの送料が30%割引になる年会費無料のAMEXはこちら↓↓



 

 

 

 

メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

button_02y

 

 

 

 

     いかがでしたでしょうか?参考になれば幸いです

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと幸いです。
また、読んでくれた証拠にぽちっと応援クリックしてくれると喜びます^^
↓↓↓↓↓↓↓