輸入転売でクレジット仕入れを行う際に注意すべきこと

2016年7月20日

スポンサーリンク

こんにちは、rikiです。

 

 

 

以前にも書いた事があるような、ないような、再度クレジットカードの一連の流れについて簡単にではありますが、書いていこうと思います。

 

 

 

多分、多くの方が最初に直面するのが「クレジットの支払いが間に合わない!」これだと思います。理由は色々ありますが、その中でも利益率が低いことと仕入れから販売までのロスが長い為クレジットの支払いに間に合わないのがほとんどだと思います。

 

 

 

欧米輸入では、参入者同士の競争が激しい為に利益率が低い傾向にあります。単純転売だと、だいたい平均で15%前後でしょうか?

 

 

 

これだと仕入れた商品の8割以上売らないと仕入れ代金を回収できませんので、利益率が低いとキャッシュフローが圧迫されることをまず認識してください。

 

 

 

次に、仕入れた商品を販売するまでに掛かる時間ですが、転送会社を使うなら仕入れから販売まで約10日~14日掛かるのでこの間は、FBAでは販売できないので売り上げも上がりません。

 

 

 

締日直前のカードを利用して支払いまでの猶予を50日フルで活用しようとしても、14日間弱は海外からの転送で要しますし、Amazonの入金のタイミングもあるので、50日フルで稼働させようとしても、実際にはその半分くらいしか活用できていない事になります。

 

 

 

これらの事から、Amazon輸入を始めて最初に「クレジットの支払いが間に合わない!」と躓いてしまう原因ですが、僕も始めた時は相当支払いに苦しみました。

 

 

 

「安いし、全部買ってしまえ!利益率10%やけど、売れてるしとりあえず5個仕入れよう!」

 

 

 

こんな感じで利益率が低いのに売れないような商品もバンバン仕入れてましたし、同じ商品を5個も10個仕入れたりと、冷静に振り返ると納得できるのですが、その時はこれが正解だと思っていましたから(笑)

 

 

 

これ、絶対ダメですよ!簡単に見つかる商品なんか他の人も簡単に見つけますし例え安く出ていても他のセラーが価格合わせてくればその値段で仕入れできる人も現れることになるのでAmazon仕入れで大量買いは避けたほうがいいです。

 

 

 

ある程度の在庫を抱えるまでは、品種を増やすことを意識して売れてから仕入れるくらいが丁度いいと思います。

 

 

 

あとは、クレジットの枠のみに頼るのも良くないと思います。最初からそれだけで回した人もいると思いますが、凄いと思います。大半の人は上記の件で悩まされるので現金はあった方が無難です。

 

 

 

[deco_bg image=”paper1″ width=”400″]メルマガでは、どこでどんなものを仕入れたか公開しています!登録はもちろん無料です。仕入れに便利なクレジット管理表をプレゼントしているので、そちらも受け取ってください!

〔メルマガに登録する〕[/deco_bg]

 

 

 

LINE@登録でせど教材をプレゼント! スポンサーリンク