輸入ビジネス

輸入ビジネスの失敗例

今日で輸入ビジネスを始めて半年が経過しました。物販歴は1年以上ありますが、新たに輸入ビジネスも取り入れて半年が経過したのでこれまでの失敗例を書いていきたいと思います。
利益率

輸入ビジネスの利益率について

輸入ビジネスをしていると、利益率というキーワードをよく目にするかと思いますが、ビジネスを行っている以上「利益率」とは、永久に付き合っていかなくてはいけません。この利益率についても主に2パターンでの計算方法があって、1、売上高利益率:売上高に対する営業利益の比率。利益÷売上=売上高利益率 
売り上げ

月商100万円は凄くない、月商と月利の違い

そこで、今回は月商と月利の違いについて僕なりの見解で書いていきたいと思います。まず、月商○○万円は凄くないという事です。例えば100万売るのに100万使ったら、利益としては0円ですよね?もちろん残った在庫は資産在庫として販売機会はあるのでそれらを利益と見なすことはできますが、キャッシュフロー上どうなのでしょうか。
MYUS

転送料の計算について

輸入ビジネスで転送業者の利用は必須となりますが、そもそも転送料金(国際送料)をどのように計算して、それぞれの商品仕入れ代金に上乗せしたらいいのか書いていきたいと思います。
MYUS

MYUSって本当にいい転送業者か

輸入ビジネスをしていると、転送業者の利用は必須です。理由は国際送料を安く抑えるためですが、欧米輸入では新規参入者も非常に多いのでいかに仕入れ単価を下げれるかが非常に重要になってきます。
クレジットカード

関税、消費税のクレジットカード払い

関税、消費税をクレジットカードで支払う方法について書いていきたいと思いますが、果たして方法と言えるのかどうかはさて置きまだ輸入した事がない方もいらっしゃると思いますので説明したいと思います。
クレジットカード

輸入ビジネスの関税、消費税について

海外のAmazonなどで商品を購入すると輸入になるので、税関を通るときに関税、消費税+通関手数料が掛かります。前回の記事では、輸入ビジネスで掛かってくる経費の種類について説明しましたので今回は関税、消費税について書いていきたいと思います。
経費

輸入ビジネスの経費を把握しよう!

前回の記事では、実際に海外のAmazonから購入した商品を転送業者を利用して日本に送ってもらうことについて書いていきました。 一旦、海外の転送業者を挟む事によって全体の国際送料を下げるという事ですが、そもそも輸入ビジネスの行うにあたって、様々な経費が掛かってきます。
MYUS

仕入れた商品を転送業者に送って送料を抑える

今回は海外のAmazonやネットショップから購入した商品を転送会社「MYUS」に送って送料を抑える方法について書いていきます。 方法と言いましたが、ほとんどの実践者がどこかの転送会社を使って行っているので主流なやり方です。
仕入れ

海外Amazonから実際に仕入れてみよう!

今回は実際に海外Amazonからの仕入れについて書いていきたいと思います。まず、日本で売れている商品のピックアップができた状態で実際にアメリカAmazonでも探していきますが、その際にアメリカAmazonでどうやって同じ商品を探すのかについては以前の記事に書いてますので、下記より参照ください。
仕入れ

仕入れ判断について

こんばんは。rikiです。 前回までの記事で仕入れの大まかな流れについて説明しましたが、何となくイメージはできたでしょうか?
輸入ビジネス

アメリカのネットサイトから利益の出そうな商品を探す

前回の記事で欧米輸入について大まかな流れは説明しましたので今回は、輸入ビジネスで最も重要なリサーチについて書いていきたいと思います。続きを読む... まず、基本的には日本で売れていて価格差(利益)がある商品を探していきます。 日本のAmazonで売れている商品を探す→アメリカAmazon、他サイトで同一商品で利益が取れるか探す→購入
輸入ビジネス

商品仕入れから販売までの一連の流れ

前回の記事でどこから仕入れるのかについては説明しましたが、まずは全体像を把握して頂かないとイ輸入ビジネスについてイメージしにくいと思います。
輸入ビジネス

輸入ビジネスってなに?

今日から輸入ビジネスについて初心者でもわかるように1からこのブログで説明していきたいと思いますので宜しくお願いします。 では、本日は「輸入ビジネスってなにか?」について簡単に説明していきたいと思います。
未分類

はじめまして!

本日よりこちらのブログでAmazonを使った輸入転売について、自身の経験に基づいて記事の更新をしていきますので宜しくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました